ブログ プロダクト

素体流SD、極細可動組み立ての話

投稿日:

AKガーデンに向けての制作。

極細可動は自宅3Dプリンターで出力したレジン製の出力品を一体ずつ組み立て。当初は組み立て式にしようと考えていたのですが、出来上がりサイズで指ほどの大きさのもののキットは組み上げるだけで職人芸じみてくるので、今回は組み立て済みで頒布することにしました。

素材をMJFにすれば耐久度が上がって組み立てキットとして出してもいいか、あるいはDMMクリエイターズマーケットで出すのがいいかなーというところですが、当然ながら素材により出力の具合が変わりデータ修正も必要になるので、今回は外注はパス。

素体流SDの方は自宅でテスト出力した後、DMM.makeでMJFにて外注しました。折角の外注かつMJFの素材強度も兼ねて軸棒も出してみたのですが、動かして遊んでいたところ一ヶ月くらい経った先日ポッキリいったので、新月/望月と同じくPFAチューブを軸とする仕様に変更。こちらも組み立て済みで頒布予定です。







-ブログ, プロダクト

Copyright© アトリエネコヤナギ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.