イラスト

IGTVを使い始める -導入編-

更新日:

以前からInstagram(@nekoyanagi_insta)で自主制作のイラストを載せている

最近はIpadアプリであるProcreateを使用しての投稿が多い

というのも、製作活動を発信する点で考えれば

描いて投稿するまでのレスポンスは早ければ早いほどいい

 

Procreateで線画から塗りまで描いて出力すれば

アナログ画のスキャンやPCへの取り込み作業等も必要なく、

出来たイラスト画像をそのままSNS投稿するだけでいい

 

話は戻る

そのProcreateにタイムラプス機能が付いている

一定間隔で画面撮影が行われ、作業風景を動画として残せるものだ

折角なのでこれを使い、絵が出来上がる過程を含めて作品を公開しているが、

今はただタイムラプス動画をそのまま出しているだけの状態だ

 

どうせならよりちょっとした映像作品っぽく、しかも簡単に編集して投稿できないものかと

iPadで描いて、iPadで編集して、iPadで投稿、それらが手早くできる事が理想

 

Instagramでも動画投稿はできるし実際しているが、やはり利用者としては写真閲覧がメインのアプリ

そこで、同じくinstagramの会社が出しているIGTVを利用してみようと思い、

加えてアプリでのタイムラプス映像を利用した動画編集を試行錯誤中だ

 

IGTVはなかなか曲者で、16:9の縦長垂直方向での視聴姿勢に現状特化している

このサイズ以外だと、画面が変なふうに切れてしまい意図した動画にならない

しかもIGTV自体に編集機能は付いていないので、編集か撮影時点でこのサイズになっている必要がある

ここが意外と面倒、というか中々やりやすいアプリが見つかっていない

 

インスタ投稿動画は正方形に画面サイズを変更する正方形どんというソフトを使っている

最初はこれをそのまま使えばいいなと思っていたが、実際投稿しようとしてみると左右の端が切れてしまう

正方形だから横幅が合えば大丈夫だろうと思っていたが、どうも内部処理的には違うようだ

 

今の所の対処としては、Procreateでキャンパスサイズを合わせておくのが楽そう

アートボードサイズを縦長にして描いたもの(IGTV投稿動画リンク)↓

https://www.instagram.com/tv/Br6pPtCl5et/

 

しかしできればもっと簡単な編集アプリを見つけたいところだ

引き続き試行錯誤である







-イラスト

Copyright© アトリエ猫柳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.