Atelier Nekoyanagi official site

アトリエ猫柳

ブログ

2019年のレジシステム

更新日:

これがうちのレジシステムです。

「iPadとハンペンやんけ」

そう思うのも無理はない。時代の流れすごいと言わざるを得ない。

ハンペンのような物体はsquare readerというICチップタイプのクレジットカード読み取り機器であり、iPadとBluetooth通信でつながっている。専用のPOSレジアプリをいれて連動し、画面に表示されているものだけでクレジットカード決済ができる。決済時のサインもタッチパネルを利用して直接画面に書き込む形。

対応カードもvisa、master、アメックス、JCB、ダイナーズ、DISCOVER(もちろん利用審査はあります)と主要なクレカをカバーしているので、とりあえずこれを持っておけばカード決済対応と銘打って良いと言えるだろう。個人事業主でも扱えることと、主にイベントで使うためこのコンパクトさは非常にありがたい。どこにでも持っていける。

個人でもこういったシステムを享受しやすくなった理由として大きいのは、通信環境の強化とタッチパネルの普及の二点が特に大きいと感じる。草の根ネットワークから今や世界中と繋がるようになったウェブ環境が当たり前になり、暗号化通信技術によりどこからでも比較的安全に接続環境を構築できること。タッチパネルにより直接書き込めることで本人直筆の署名情報を即記録保管できること。この二点は「クレジットカードの取り扱い範囲の拡大」という観点で見れば非常に大きな転換期であったと思う。

実際使ってみて、署名以外の動作はカードを差し込むだけで済むのでめっちゃ楽。普段の買い物は現金主義なのだが、会計時に計算の必要がないというのがここまで楽なんだなと感じた。イベントでカード支払いを希望する人が割といると雑貨イベント等によく出ている友人に聞くが、たしかに現金で支払いのやり取りをするより間違いも出づらいしいい気がする。

QRコード支払いが出てきたのでそちらが主流になる可能性もあるが、どちらにせよイベント時の現金支払いはいずれ少数派になるかもしれないなと思う次第だ。







-ブログ

Copyright© アトリエ猫柳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.